Choroideamusic.com

Music Works of choro the Japanese Guitarist

arranging Choroidea Online

「1コーラス目サビのざっくりアレンジ」 -こおろぎ 3日目- 「choro VS こおろぎ アレンジ対決!」/ Rough arrngement of the 1st Chorus -Kohrogi 3rd Day-

2016/02/12

新企画! 作曲の段階からアレンジが完成するまでの過程を全部公開!

Jeeptaギタリストのchoroと作・編曲家のこおろぎによるアレンジ対決方式で、ひとつの作曲された未アレンジ曲のアレンジの過程を、それぞれに公開!

Brand-new project! The whole process of music arrangement will be revealed here!

This is an arrange duel by the guitarist of Jeepta, choro and a composer/arranger Kohrogi. They arrange the same music and reveal the whole process on this site.

詳しい企画内容、二人のプロフィールについてはこちら。
The details are here.
http://choroideamusic.com/choro-vs-kohrogi/

楽曲応募の中から、今回選ばれた作品はこちら。
The lucky singer-song-writer who won the privilege of arranging is here.
gPyymULL_400x400
「作曲について語るマモルさん」こと、「はと」さんの楽曲『HM』。
Mr. Hato a.k.a. "Mamoru-san who talks about composing" and his song "HM."
https://twitter.com/eminem_san

この楽曲を使用させて頂き、アレンジが完成するまでの過程をお見せしていきます!
Choro and Kohrogi are going to arrange this song and you can see the whole process of it!

ビ / Chorus

kohrogi

3日目は1コーラス目のサビを詰めていきます。
Today, I'll work on the first Chorus.

ンセで壁を作る / Making a wall with synthesizer

空間を埋める音が欲しいな。ギターみたいなエグいシンセを入れよう。

OmnisphereでSynth PolyのAggressive Synthsから選ぼう。「Apocalypse Electrodrone」にした。これもFXを外して使う。

コードトーンを調整。音がメロディの上にならずに、壁になるようにするのがコツ。

オレンジの所がシンセ。

I want some sounds to fill in betweens. Heavenly great synthesizer like guitar.

Let's use Omnisphere. I chose "Apocalypse Electrodrone from Aggressive Synths of Synth Poly. I'll use it without FX.

Addjust chord tones. The trick is making a wall under the melody.
Orange lines are synthesizer.

image04

あとはEQでベースと被る所を削る。よし、結構派手になったぞ。

Then I delete some notes with equalizer that are overlapping the bass. OK! It's a whole a lot of gorgeous!


▲A wall of synthesizer

ズムを追加 / Add rhythm

シンセは伸ばしているので、それに対して刻むリズムをもうちょっと入れよう。キック、スネアはサンプル、その他はNIのDAMAGE。

The synthesizer is melodious. I want some short rhythm.
I got the bass drum and snare from the samples. Others from DAMAGE of NATIVE INSTRUMENTS.

image06

中域に細かい音を入れた。なんかあまり変わってないけど。

Added some sounds in the midrange but it doesn't seem to sound different.


▲Rhythm of Chorus

得意のストリングス / My favorite strings

さて、ボーカルの裏にストリングスも入れてみようかな。

もちろん得意分野ではあるんだけど、べっ、別に、入れなくていい時は入れないんだからねっ!

音源はLAScoring Strings。簡単に打ち込むために、1つのトラックで1st ヴァイオリンとオクターブ下の2ndヴァイオリンの音が一緒に出るように設定。

Now, let's have some strings.

I...I'm doing it for a reason! Not just because I like it.

I use LAScoring Strings. Set the first violin and the second violin (an octave low) in one track.

image00

ソロ音色の方が似合うっぽいので、ソロ音色にセクションの音色を少し混ぜた音で打ち込んでみる。

下はシンセで埋めたからボーカルのラインより上に配置していく。

ボーカルを伸ばしている所に駆け上がりで入って存在感を出してみる。とりあえずはこんな感じかな。

オレンジ色がストリングス、暗い黄色がボーカル、暗い青がシンセ。StudioOneは色がはっきりわけられないのでこういう時不便だ……、

The solo tones sound suitable, so program the solo tones with a touch of the section tones.

Below the vocal is synthesizer, strings go a little above the vocal line.

As the vocal stretches, present it with ascending scale. This is how it is now.

The orange is strings, dark yellow is vocal, dark blue is synthesizer. You can't set the colors with Studio One. It's really inconvenient...

image03

この時点でオートメーションもサクっと書いてみる。たまにフワッと浮き上がってくる感じにしたい。

Here is the automation so far. It's like it'll come up once in a while.

image02

んで、音はこんなんです。

The sound is like this now.


▲Strings for Chorus

のボーカルを加工して仮のコーラスを入れる / Make tentative chorus from the original vocal

コーラスつけたいな。といわけで元のボーカルをメロダインで加工してコーラスのメロディラインを作ってみよう。

3、4度上にあげて、EventideのUltraChannelで左右にダブリング。めっちゃ便利やこれ。

1画面にまとめてみました。

 

Let's have some chorus, so use Melodyne to process the original vocal and make chorus.

Three or four pitches higher, then double it for the left and right with Ultra Channel of Evertide. This is so handy.

Show you all in one picture.

image05

こんな感じに。

Now, it's like this.


▲Chorus for Chorus part

コーラスは女性に歌ってもらうと面白いかもなあ。誰かに参加してもらおう。

I want it to be sung by a woman. I'll ask somebody.

ルンでストリングスのラインを補強 / Reinforce the strings with horn

調子に乗ってホルンも入れちゃおうかな。ストリングスのラインを補強する感じ。

強く出したい所はユニゾン、引っ込ませる所は和音にして音量をコントロールする。

赤紫っぽいのがストリングス、暗い黄色がメロディ、オレンジがホルンです。

I might just go ahead and add horn. In order to reinforce the strings.

Unison for appealing part, chord for others, and control the volume.

Red-purple is strings, dark yellow is melody, orange is horn.

image01

こんなんなりました。

Now, it's like this.


▲Horn for Chorus

サビはこんな感じでざっくり出来たかな。ケツにもシンセをちょっとだけ重ねて、今できてる所を通して聴いてみよう。

The Chorus part is roughly done. Add synthesizer a little at the end. Now, listen to the whole track.


▲Rough arrange done for the first chorus

いつもはここまで、1コーラスざっくりとアレンジ出来た時点でクライアントに送って方向性を確認します。

この時点では音量バランスなどは気にしなくていいのですが、割と突っ込まれるので、そこも気にして調整します。

Usually I send this rough arranged track to the client and ask to check the direction of the work.

The balance of the volume can be adjusted later. But some clients would mind it, so I care about it.

3日目終了/ At the end of the 3rd day

今日はサビのみ。これで1コーラスのざっくりとしたアレンジが終わりました。

記事書きながら6時間くらいかな。

ここまで、そこまでは悩んでないというか、悩みそうな所は後回しにしてるんですよね。

サクサク作っていって形が見えて来た方がテンション上がるので、最初のうちはそういう所に手をつけません。

後半につれて悩むところが増えるはずですのでお楽しみにw

ではでは!

Today, only Chorus part. The rough arrangement is done.

Took about 6 hours with writing this article.

So far I've come with no trouble. It's because I haven't get my hand on the hardest part.

I like to have things go smoothly. I start with easy part.

Just wait to see me tackle the hard part:)

Bye!

考記事

今回使ったものの記事を貼っておくので参考にしてみてください。

・【ストリングス、ホーン、シネマティック・サウンド編】NI KOMPLETE 9 ULTIMATE 全部レビュー(NI DAMAGE)

・【ソフト音源】audiobro LA SCORING STRINGS(LASS) レビュー【再掲】

・【DTM】歌もの(ボカロ曲)ストリングスアレンジの打ち込みが簡単に上手になる11のコツ

・あなたも絶対欲しくなる。StudioOneの神機能6つ (Ver.2.6.1)

・【ソフト音源】モダンでソリッドで効果音も使えすぎるSPECTRASONICS Omnisphere レビュー

これ無料で配布してたんだけど有料めっちゃ高い…

・EventideのUltraChannel

『曲に必要なリズムを導き出す』choro 3日目

『全体の構成を練る - 大サビと間奏』こおろぎ 4日目

 

-arranging, Choroidea Online
-, , , , ,