Choroideamusic.com

Music Works of choro the Japanese Guitarist

arranging Choroidea Online

「choro VS こおろぎ アレンジ対決!」 -こおろぎ 1日目- / choro VS Kohrogi Arrange Duel -Kohrogi 1st Day-

2016/02/12

新企画! 作曲の段階からアレンジが完成するまでの過程を全部公開!

Jeeptaギタリストのchoroと作・編曲家のこおろぎによるアレンジ対決方式で、ひとつの作曲された未アレンジ曲のアレンジの過程を、それぞれに公開!

Brand-new project! The whole process of music arrangement will be revealed here!

This is an arrange duel by the guitarist of Jeepta, choro and a composer/arranger Kohrogi. They arrange the same music and reveal the whole process on this site.

詳しい企画内容、二人のプロフィールについてはこちら。
The details are here.
http://choroideamusic.com/choro-vs-kohrogi/

楽曲応募の中から、今回選ばれた作品はこちら。
The lucky singer-song-writer who won the privilege of arranging is here.
gPyymULL_400x400
「作曲について語るマモルさん」こと、「はと」さんの楽曲『HM』。
Mr. Hato a.k.a. "Mamoru-san who talks about composing" and his song "HM."
https://twitter.com/eminem_san


▲HM original

この楽曲を使用させて頂き、アレンジが完成するまでの過程をお見せしていきます!
Choro and Kohrogi are going to arrange this song and you can see the whole process of it!

挨拶 / Greeting!

kohrogi

どうも、こおろぎ(@Kohrogi34 )です。

運営しているブログ「こおろぎさんち(kohrogi.com)」の方針は「ざっくり」を基本に、結論から書く、余計なものは省く、というスタイルなのですが、今回は、じっくりと、晒しながら、説明もいれつつ、しかし文体はラフに書いていきます。脳内垂れ流しといった感じで。

ではでは、ゆっくりとお楽しみください。

Hi, I'm Kohrogi(@Kohrogi34).

On my blog, "Kohrogi's house(kohrogi.com)" I try to write simple and clear, but here, I'll go slowly and carefully with explanation, and friendly.

I'll write as I think.

ごしらえ / Mise en place

まずはDAWのStudioOneを起動。

ボーカル、コードを入れるトラックや必須のプラグインを挿したテンプレートを立ち上げる。

First, I activate DAWsoft, Studio One.

Then start tracks for vocal and chord, template with plugin.

image01

マモルさんからもらったソロボーカルを読み込む。

テンポを教えてもらわなかったので、C.T.BPMというiPhoneアプリを使ってタップで割り出す。

Load the vocal track into it.

I don't know the tempo, so find it out with an iPhone app C.T.BPM.

BPM180くらいかな。うん、ぴったり。拍子は6/4でいいのかな。

メロディをMIDIにして、視覚的に把握できるようにする。これはメロダインで解析してドラッグするだけで作成できる。

Mmmm maybe BPM180...OK! I guess 6/4 time.

Convert the melody to MIDI so I can see it. I use Melodyne.

image02

これで下ごしらえはおしまい。普段はテンポに合ってないボーカルを無理矢理合わせる作業もあったりします。クリックに合わせてあるってすばらしい。

That's it! Sometimes I have to struggle with out-of-temp vocal tracks. I love in tempo!

レンジの方向性を探る / Grasp the direction

歌詞にアレンジを寄り添わせたいので、必ずもらう事にしてます。

歌詞を見ながらボーカルをループ再生して頭に叩き込む。曲を深く理解しアレンジの方向性を固めていく。

僕は割と何でも出来るので、最初にイメージをしっかりと固めておかないと大体失敗する。あと、固めておくとアレンジを「引き返す」事が少なくなるので結果早く完成する。

連想されるイメージは

【夜 夢 抽象的 暗い 距離は遠い エレクトロ系もアコースティックもいけそう キレイな音と汚れた音の対比させるとよさそう ベル系やチェレスタも要所でいれると面白そう ブラシの音が合いそう 色々な音が飛び交う感じもいい】

いつもは依頼者からの要望をヒアリングして落としどころを探っていくのですが、今回はアレンジ対決なので、自由に、なるべく冒険して、展開を派手に作っていきます。

予想ではchoroさんはギターを使ったバンド系のアレンジにしてくると思うので、それは外す。

僕が好きなクラシックとエレクトロのハイブリッドな感じにすると面白いかな。そこを探っていこう。

A、Bメロは「閉じた感じ、細かいリズム」サビは「広い感じで大きなリズム」で。

ここまで頭で考えたところで、実際に手を付けていきますよ。

I always give importance to lyrics.

Looking at the lyric and play the vocal track on and on and on. Trying to understand the song and grasp the direction of arrangement.

Since I can handle any kind of genre, I must grasp the direction of arrangement at first, otherwise I tend to fail. When the direction is set, things go smoother.

Evoked images are...

"Night, dream, abstract, dark, at a distance, both electric and acoustic are OK, comparison of clean sound and vague sound, bells and celesta maybe interesting, brush sound maybe good, various sounds flying about..."

Usually I listen to client's images and orders. But this is a duel. I arrange it freely, adventurously and gorgeously.

I assume choro would arrange it with the rock guitar, so I keep away from that.

A hybrid of Classic and Electro which I love maybe good.

Images of Verses and Pre-chorus are "closed and short rhythm", Chorus part is "open and long rhythm."

Now, I'm ready for arranging operations.

組み / Framework

ざっくりとリズムをつける。NIのDAMAGEでガイド的に。6/4に合わせるの難しいな……。

Roughly get the rhythm as sort of a guide with DAMAGE. Kind of hard to adjust to 6/4.


▲1 Only rhythm

リズムをざっくりとつけたら、今度はざっくりとハーモニーをつけていこう。

音色はコードがわかりやすいピアノで。

コード付けは時間がかかるけど楽しい。今回はちょっとこじらせ目でいこうかな。

元々ついていたコードを全部取っ払って考えよう。こういったリハーモナイズは、シンガーソングライターさんの曲でやると怒られるんだよね。コードトーンと一緒にメロを考えているので、変えちゃうと気持ち悪く感じるみたい。

メロディの流れで、コードが確定している所からちょっとずつつけていく。クロスワードパズルみたいな感じで。

Aメロは落ち着いた感じ。

Bメロはルートを避けてふわふわと。サビ前はとっておきのルート半音下ドミナントモーションでサビにしっかり着地する感じを出す。

サビはこじらせていこうかなと思ったけどオリジナルのコードしかしっくりこないからほとんどデモのままのコード。

テンションを入れたほうが夜、夢っぽいので、テンションを盛りめにして、後でいらん響きを抜いていこう。

1コーラスにコードをざっとつけてこんな感じになりました。

First rhythm, then harmony.

I use the piano since the chords are easy to tell.

Chording takes time but I love it. This time, I might do it in a difficult way.

Let's forget the all the original chords. So called reharmonization, siger-song-writers don't like it. They compose chords and melody together, so they seem to feel uncomfortable if chords are changed.

I just go ahead with where the chord is fixed. It's like a crossword puzzle.

The First Verse is calm.

The Pre-chorus is vague without the root note.

Before the Chorus part, I use my special flat root note dominant motion and connect to the Chorus.

I wanted to make the Chorus complicated but I could not find any better chords, so decided to stick with the demo.

Tensions invite images of night and dream. Maybe a little too much tensions now then subtract some later.

Here is a chorus with rough chords.

image00

サウンドはこちら。

And the sound.

1日目終了 / At the end of the 1st day

kohrogi
本日は仮のリズム、ピアノでの和音付けまで終わりました。ここまで2、3時間といったところでしょうか。コードで迷うともっとかかる場合もありますね。

次回は1コーラス目に肉付けしていきたいと思います。

ではでは。

Today I'm finished with rough rhythmization, chording with the piano. Took about two or three hours. This time chording was easy, otherwise it might take more time.

Next time I will work on the first chorus.

Bye.

 

 

 

『choro VS こおろぎ アレンジ対決!』/ choro VS Kohrogi Arrange Duel

-choro 1日目- / -choro 1st Day-

仮のベースとA、Bメロを考える / Tentative bass, Verse and Pre-chorus
-こおろぎ 2日目- / -Kohrogi 2nd Day-

 

-arranging, Choroidea Online
-, , , , ,