Choroideamusic.com

Music Works of choro the Japanese Guitarist

arranging Choroidea Online

「仕上げにストリングスを入れる」-choro8日目 - 「choro VS こおろぎ アレンジ対決!」

2016/02/12

新企画!作曲の段階からアレンジが完成するまでの過程を全部公開! Jeeptaギタリストのchoroと作・編曲家のこおろぎによるアレンジ対決方式で、ひとつの作曲された未アレンジ曲のアレンジの過程を、それぞれに公開! 詳しい企画内容、二人のプロフィールについてはこちら。
http://choroideamusic.com/choro-vs-kohrogi/

楽曲応募の中から、今回選ばれた作品はこちら。
gPyymULL_400x400
「作曲について語るマモルさん」こと、「はと」さんの楽曲『HM』。
https://twitter.com/eminem_san

この楽曲を使用させて頂き、アレンジが完成するまでの過程をお見せしていきます!

ずは7日目をおさらい

choro-ss
前回までのを改めて聴いてみる

今回、バンドサウンドを意識しているので、これでアレンジ完成でもいいんですが、音源で聴くと大サビがちょっとさみしいのでストリングスを加えようかな、と。

レコーディング現場ではよくある感じですね。「音源用」というか。
この辺は、音の厚みとして欲しいだけだったりするので、エンジニアさんやバイオリニストの方にお任せで加えてもらうことが多いです。

加えたストリングスはこちら。
厚みというニュアンスなので、ほぼ全音符です。

8日目

音はこんな感じ。
ストリングスの知識は乏しいので、あまり語りません。

これでアレンジは完成。
全体通して聴くとこんな感じ。

ちなみに、作成したトラックはこんな感じ。
15トラックありますが、ギターは音色を変えて色々作っているので、実際に同時になっているのは、ボーカル、バッキングギター(重ねでもう一本)、リードギター、ベース、ドラムの5つが基本となってます。

8nitime2

8日目終了

choro-ss
全体のミックスもしながら行ったので、今日は3時間くらい。

これでアレンジ自体は終了です。
今回は、この音源のミックスをこおろぎさんにお願いすることになりました。

ここからさらにもう一段階、どう変わっていくか、お楽しみに。

ックス記事のご紹介

ミックスに関しては、以前、エンジニアの上原翔さんと一緒に記事にさせてもらってます。
ミックスに興味のある方は、こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

「ミックスの全過程(上原翔編)」
http://choroideamusic.com/category/original/process-open/mix/

-arranging, Choroidea Online
-, , , , ,