Choroideamusic.com

Music Works of choro the Japanese Guitarist

arranging Choroidea Online

「間奏を中心に詰める」 -choro6日目- 「choro VS こおろぎ アレンジ対決!」

2016/02/12

新企画!作曲の段階からアレンジが完成するまでの過程を全部公開!

Jeeptaギタリストのchoroと作・編曲家のこおろぎによるアレンジ対決方式で、ひとつの作曲された未アレンジ曲のアレンジの過程を、それぞれに公開!
詳しい企画内容、二人のプロフィールについてはこちら。
http://choroideamusic.com/choro-vs-kohrogi/

楽曲応募の中から、今回選ばれた作品はこちら。
gPyymULL_400x400
「作曲について語るマモルさん」こと、「はと」さんの楽曲『HM』。
https://twitter.com/eminem_san

この楽曲を使用させて頂き、アレンジが完成するまでの過程をお見せしていきます!

奏を詰める

choro-ss
前回全体像が一通り出来ましたが、ここから細かい部分を詰めていきます。
まずは、間奏から。
とりあえず、場面の雰囲気を変えるため、ギターの音を変更。

ギターお取換え用

歪み(drive)を強くして、ディストーションサウンドに近づけます。
音はこちら。
間奏に入るとこんな感じに変化します。

 

「うーん、もうちょっと音が欲しいなぁ」って感じ。
2小節単位でひとまわりするフレーズなんですが、その最後の2拍部分。
ここにもう少しアクセントが欲しいので、「チャチャチャチャ」って感じのギターを追加。
こんな感じ。

 

さて、ここからギターソロを入れていきます。
今回、イントロとかギターソロは、Aメロのメロディをリフレインする形がいいなと思っていたので、そのイメージでギターらしく入れていきます。
こんな感じになりました。

奏明けへの繋ぎ

間奏からまた歌にどう戻るかが、アレンジで結構難しいところなんですが、今回は割とシンプルに作りたいなと思っていたので、ブレイクのパターンを使おうかなと。

ブレイクは音が切れるので、上手くコードが繋がらない時、転調する時などに有効です。
インパクトも強いですが使いすぎると飽きがきてしまうので、せいぜい1曲に1、2箇所が限界かなと思います。

今回は、無音ブレイクにせず、ギターのブラッシング音とドラムのスネアだけを入れる形にしました。

 

音をどんどん増やすと豪華になってそれはいいんですが、そうやってまたAメロ、Bメロに戻った時に、最初のAメロ、Bメロのアレンジのまま、音数のままだとしょぼく聴こえてきてしまうんですよね。

アレンジを変えて、激しめにしてるんだけど、コードをジャカジャカ弾いてるだけじゃイマイチ盛り上がりにかけるなぁ、って感じ。

ギターは1パート、動くフレーズを加えるほうがいいかな。
最初の頃に色々フレーズ出てきましたよね?
それをここに差し込んでみます。

 

うん、いい感じじゃないかな。

6日目終了

choro-ss

全体通して聴くと、こんな感じ。
今日は6時間くらい。

 

実際の演奏を考えてバンドサウンドを作ると、音色の数、楽器の数に制限が出てくるので自由が利かない部分がありますが、その分ひとつひとつの楽器にこだわるので面白さもあります。

実際、スリーピースバンドって、無駄な音、無駄なアレンジのない上手な楽曲が多いです。

自分で音数の制限をして、アレンジをしてみるのも技術向上にはいいかもしれませんよ。

では、また次回。

 

 

『ベースとBメロの詰め』こおろぎ 6日目

『イントロからサビまでを詰める』choro 7日目

 

-arranging, Choroidea Online
-, , , , ,