Choroideamusic.com

Music Works of choro the Japanese Guitarist

Profile

Profile of choro / choro プロフィール

2014/10/09

choro_the_teacher

 

 

 

 

 

choro's Profile

2004年に千葉県で結成されたバンド『Jeepta』に2006年からギタリストとして加入。
インディーズ時代には年間90本ものステージをこなし、2010年メジャーレーベルからCDを発売。

レコーディングを一発録りで決めるほど知的で正確かつテクニカルなギタープレイとは裏腹に、Jeeptaのライブでは、ときにヘヴィであり、ときに繊細でありという、感情を露わにしたホットなステージングを展開するchoro。
安定したプレイとスピード感あふれる激しい超絶パフォーマンスを両立させられるのは日本人離れしたリズム感覚を備えているからだ。
彼は語る。
「ギターを練習するときは、常にリズムを意識しています。それぞれのフレーズが持っているリスムは、身体に染み付ける必要があるものなので。リズムを意識しつつ練習して、何も考えずに弾けるところまで持っていきますね」
(Jeeptaは2013年7月から活動休止中)

アレンジャーとしての能力、評価が高いのもchoroの特徴だ。
「スケールを知るとそこにあてはめてしまうが、音楽はもっと自由なもの」というのが彼の持論。
普段聴いている音楽はバンドものやギターの音が入っていないものが多い、という。
そして、王道的なギターフレーズを、まぎれもない"choro節"へと昇華させるテクニックで、聴く側のテンションを自由自在に操る。
ギタリストであると同時に、コロイデアの創設者であり代表でもある。

Music Schoolではライブハウスやフェスで活躍中の現役アーティストを指導者として抱えているところが非常にユニーク。

プロ・ミュージシャンであれば、テクニックはさることながら、指導者アーティストの経験や意識を直に吸収することができるという他に求めても見つからない場である。
Message from choro    『プロ中のプロになる』

コロイデア一門であることを公表していないミュージシャンもいるが、ここをきっかけにバンドとして大きくなったというケースは数知れない。

現在、弟子はプロ、アマ含めて100名近く在籍している。
立ち上げ数年でそれだけの規模に拡大する経営手腕もさることながら、人が二の足を踏みがちなことを率先してやってみせる勇気と実践力を備えているのがchoroだ。

その現れといえるのが、クリエイティブ・コモンズでの楽曲提供と、自らを1時間1000円で貸し出す『choroさんレンタル』。

『全力症状(ZENRYOKU syndrome)』無料ダウンロードサイト

 

choroさんレンタル

『クリエイティブ・コモンズ』プロジェクト関連ではインターネット上で非常に多くの注目を集め、Yahoo!や"はてな"に取り上げられた。

これらは一見、あれもこれもと多岐に渡る活動のように見えるが、『アーティストがやりたいことを自由にやって生きていける世の中を実現する』という根底の部分ですべてつながっているという。この大きな目標のために、choroは日々忙しく活動中だ。

 

 

 


AX

-Profile
-,